くにちゃんランドは​止まり木

くにちゃんランドは鳥が羽を休める
止まり木のような居場所。
誰でも、どこでも、誰とでも、
自由に自分のペースで
たたずむことができる環境を心がけ。
ちょっと元気になってきたら、
自分試ししてみるも良し、
さらなる挑戦に飛び立つも良し。
​すべてはあなたの心の赴くままに。
疲れたらまた戻ってくればいい。

 

​くにちゃんランド開放デーのあゆみ

※コロナ禍以前までは、神戸市西区の自宅リビングを毎月1度、「くにちゃんランド開放デー」と称して、
自宅開放していましたが、現在は閉鎖中で、オンライン企画などを検討中です。

親戚やお客様が絶えない家庭に育った私は、

当時はその状況が好きではありませんでした。
いい子にしていないとダメだから、

みんなと足並み揃えないとダメだから、
自分の好きなことができないから、

自分の意見が通らないから…
来客があったら、

適当に挨拶だけ済ませて

自分の部屋に引きこもることが多かった思春期。


それでもやっぱり、

みんなが楽しんでる様子を見るのが好きで、

嬉しくて
いざ、結婚して家庭を持てば、

我が家には人が集まってきていました。


​息子が不登校、引きこもりになった中高時代、
敢えて自分が思春期に嫌だったことをやってみた。
その代わり
お客様に挨拶なんてしなくていい、

自分の好きにふるまえばいい、

お客様も息子に気づかい無用。


「〇〇であるべき」のない環境を心がけてみた。

​心の赴くままに。

簡単そうで難しい。

それが試せる環境でありたい。

くにちゃんランド。

毎月1度、自宅リビング&台所を開放する
くにちゃんランド開放デー
​その歩みは過去ブログでチェックしてくださいね♪

くにち
ゃんランド開放デーの歩み